スポンサーリンク

指令!ダシダの素を使って吉野家の牛丼レシピを再現しろ!

スポンサーリンク
ご飯

指令!ダシダの素を使って吉野家の牛丼レシピを再現

ダシダの素で吉野家風牛丼

ダシダの素で吉野家風牛丼

CJ 牛肉ダシダ 96g(8gx12本)
Amazon.co.jp: CJ 牛肉ダシダ 96g(8gx12本) : ペット用品

韓国のだしの素のようなもので

ダシダ

というものがあります
職場の先輩から

「元料理人ならダシダの素使って吉野家の牛丼作れるよなぁ〜」

と言われて吉野家の牛丼を作る指令が出たので
今回は食べ歩きではなく

クッキング記事になります

スポンサーリンク

実は店長時代に吉野家は挑戦している

実は店長だった時代に吉野家の再現は挑戦しているのですが
吉野家以上の味になってしまったので

今回はもっと吉野家に近づけたいと思います

ダシダで吉野家のレシピ

今回用意した具材は

  • 牛肉約500g
  • 玉ねぎ 小サイズの2玉
  • 白ワイン 100cc
  • 砂糖少々
  • 醤油30cc
  • みりん少々
  • 鰹節
  • ダシ昆布
  • 水300cc
  • ダシダ 1スティック
  • バター 少々

ダシダで吉野家風牛丼作り方ニダ

それでは今回ダシダを使った吉野家風の牛丼の作り方を
書いていきましょう

バターを溶かす

バターを一欠片フライパンで熱します

バターを一欠片フライパンで熱します

フライパンにバターを一欠片入れて
熱します

なぜバターを使ったかと言いますと
吉野家の牛丼を食べた時に
舌に微かにバターの風味を感じてやまないからです

クックパドなどでレシピを見ても
バターで炒めると書かれたレシピは
なかったと思うので

もし、クックパドなどのレシピで作られた方で

「う〜ん・・・近いんだけど・・なんかちょっと足りない」

と思われた方は一度騙されたと思ってバターを使って見てくださいな

ただし、本当に隠し味程度なのでバターの入れすぎには
ご注意です

玉ねぎを炒める

玉ねぎを炒める

玉ねぎを炒める

バターが溶けたら玉ねぎを炒めます

炒めるときの注意は焦げ付かないように
中火くらいでよく混ぜながら炒めます

で、ここでは完全に火が通るまで炒めなくて大丈夫

ある程度、玉ねぎ全体に軽く火が通ったかな?

くらいまで炒めます

肉を炒める

肉を炒める

肉を炒める

次に肉を炒めます
先ほど玉ねぎを完全に炒めなかったのは
どうせ、肉を一緒に炒めるので
ここで玉ねぎも完全に火が通るからです

で、ここでも火加減には注意で

肉が焦げ付かないように中火くらいで
よく混ぜながら炒めます

残念だったのは
肉を購入した店で

豪州産ではなくアメリカ産のできるだけ安い牛肉にしましょう

豪州産ではなくアメリカ産のできるだけ安い牛肉にしましょう

安っぽいアメリカ産の牛肉が売っていなかった事です
残念ながら今回は豪州産のちょっとだけ良さそうな肉で
作ることになります

白ワイン投入

白ワイン投入

白ワイン投入

肉を炒めながら玉ねぎに火が通ってきたなぁ〜

と思ったら白ワインを投入です

白ワインを投入して
アルコールが飛ぶ程度

ワインがグツグツ言って10秒20秒くらい
煮立てます

砂糖投入

煮立てたら一旦火を止めて

砂糖投入

砂糖投入

砂糖を投入します

今回は5gほど入れています

醤油投入

醤油投入

醤油投入

砂糖を入れて砂糖を全体に行き渡らせるように
混ぜたら

次は醤油を投入します

今回醤油は30ccほど入れました

もうちょっと入れても大丈夫な気がします

カツオと昆布でとったダシを入れる

カツオと昆布でとったダシを入れる

カツオと昆布でとったダシを入れる

醤油も全体に行き渡らせたら
次に

カツオと昆布でとったダシを投入します

カツオと昆布ダシはキッチンペーパーなどで
きっちりこしてから

投入しましょう

ダシの取り方は

昆布を30分くらい水につけておいて
30分くらいしたら中火で温めて
軽くプツプツと煮立ったら

カツオの削り節を適量入れます
今回はカツオパック1袋入れました

カツオの削り節を入れて
良い香りが広がったら
火を止めてこします

みりん投入

みりん投入

みりん投入

カツオを昆布のダシを入れて火をかけたら
みりんを投入です

今回は5ccほど入れました

ダシダ入れるニダ!

これがダシダのダシの素

これがダシダのダシの素

みりんを入れて軽く湧いたところで

ダシダのだしの素を投入です

ダシダのだしの素は韓国ではメジャーな
だしの素だそうで

焼肉屋さんなんかで出てくる
玉子スープなんかは
このダシダを使っているとか聞きました

水400ccに対して1スティック

水400ccに対して1スティック

水400mlに対して1スティックと書かれているので

カツオ昆布だしも300ccくらいだし
白ワインも100ccくらいだし

まぁ、水400mlに対して1スティックと書かれているので
多分、今回は1スティックでいいだろう

とりあえず1スティック入れとく

とりあえず1スティック入れとく

と思い1スティック入れました

初めて使う調味料なので加減がわかりません

とりあえず説明書に従います

あとは煮るだけ

煮るだけ

煮るだけ

ダシダまで入れたら後は

煮るだけ

です

強火ではなくここでも中火〜トロ火です

煮てる最中に息子が台所にきた時に

「うわ!吉野家の匂いがする!!」

と言っていたので
多分、香りはOKでしょう

ご飯に盛り付け

ご飯に盛り付け

ご飯に盛り付け

中火で煮て水の量が半分くらいになったら
多分完成です

とても良い香りがします
なんとなく吉野家っぽい香りがします

これは成功かもしれません

吉野家っぽい牛丼完成!

吉野家っぽい牛丼完成

吉野家っぽい牛丼完成

吉野家っぽい牛丼の完成です

器も吉野家の器にすればよかったのですが
残念ながら私の家には吉野家器はございません

吉野家 オリジナル茶碗 [どんぶり柄]
吉野家 オリジナル茶碗 が飯碗ストアでいつでもお買い得。お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。アマゾン配送商品は通常配送無料(一部除く)。

もっと、本格的にご家庭で吉野家を味わいたい方は
アマゾンで吉野家の器が売られているので
ご購入されてみてはいかがでしょうか?

では、いただきます🙏

ダシダで作った吉野家っぽい牛丼実食

それではダシダで作った吉野家っぽい牛丼を食べてみましょう

ここで注意しておきたいのは

美味しいか美味しくないかではなく
どれほど吉野家の牛丼を再現しているか?

というのが重要です

もし、この記事を読まれて作ってみるか!
と思われた方がいたとしてですが

感想は美味いか不味いかではなく

吉野家っぽいか吉野家ぽっくないか

で感想をください

ダシダで作った吉野家っぽい牛丼の玉ねぎ

ダシダで作った吉野家っぽい牛丼の玉ねぎ

ダシダで作った吉野家っぽい牛丼の玉ねぎ

ダシダで作った吉野家っぽい牛丼の玉ねぎです

玉ねぎ好きなのでちょっと吉野家より玉ねぎ多めで作られています

ねぎだく

と言った感じでしょうか

パクリンチョ

おお・・・・この玉ねぎ・・・・
吉野家っぽくはありますが

なんだか

洗礼された感のある吉野家っぽい味わいです

もっとジャンクな感じにすればよかったです

美味しいです・・・
いや!美味しかったらダメなんだ!

吉野家であらねばならない!

吉野家度70%くらいでしょうか・・・・

ダシダで作った吉野家っぽい牛丼の肉

ダシダで作った吉野家っぽい牛丼肉

ダシダで作った吉野家っぽい牛丼肉

次は

ダシダで作った吉野家っぽい牛丼の肉

です

パクリンチョ・・・

う〜ん・・・洗礼されすぎている・・・
確かに吉野家っぽいが

やはり、豪州産では吉野家の肉っぽさが
足りない感じがします

が美味しいです

味90点
吉野家度60点

と言った感じでしょうか?

とりあえず七味をかける

とりあえず七味をかける

とりあえず七味をかける

ちょっと味の変化を確かめるために

とりあえず七味をかけてみました

一応書いておきますと

吉野家の七味は吉野家の牛丼にあう味わいで
調合された七味を使っているので

本来ならハウスの七味ではなく

(株)吉野家 吉野家 唐辛子 30g 2本
(株)吉野家 吉野家 唐辛子 30g 2本が唐辛子ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

こちらの

吉野家七味

を使わなくてはなりませんが
残念ながら我が家には吉野家七味はなかったので
ご勘弁ください

探求者として恥ずべき感があります

申し訳ございません

で、結論をかくと

ハウスの七味では
吉野家七味の代用にはならない
ことがわかりました

とかなんとか言っていたらダシダで作った吉野家っぽい牛丼完食

おっと!
完食写真を撮っていなかった!!

が完食しました

一緒に食べた嫁と息子からは

「吉野家より美味しい!」

でした・・・
非常に残念な結果でした・・・

欲しい言葉は

「吉野家と同じ味がする!」

なのですから・・・・・

ごちそうさまでした・・・・🙏

ダシダで作る吉野家っぽい牛丼まとめ

今回作った吉野家っぽい牛丼ですが
採点するなら

吉野家度60点
美味しさ90点

です

一番問題だったのが

肉が豪州産

と言うのが問題でした

吉野家度60点と言うことで
マイナス40点のうちの10点くらいは

吉野家にない肉の洗礼感です

なんか・・こう・・・

グッとくる肉感・・って言うのかな?

それがあればもっと吉野家味の再現が
できていたと思います

あと、ダシダですが
洗礼された肉の味の豪州産肉に

肉の風味を与える助けをしてくれていた感じがします

ダシダがなければ美味しさ80点くらいだったかもしれません

で、あと、吉野家再現レシピで

ほんだし

味の素 ほんだし(箱) 450g
味の素 ほんだし(箱) 450gが和風だしストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

を使われる方がいます
ブログにはしていませんが

私も”ほんだし”で実は吉野家再現を試したことがあるのですが
少々、魚魚しすぎている感があるので

吉野家再現ではダシダの方が良いのでは無いか?

と思われます

あと、バターで炒めるのはとても良かった方法でした

吉野家を食べた後にほんのり口の中に残る
バター感がとてもよく再現されていましたよ!

後、今回家で吉野家再現に挑戦してみた
よくわかったのが・・・・・

 

家で吉野家作るのはコスパ悪ぃ!!!
店いって食った方が絶対コスパいいぞ!!

ってことでした

もし、近所に吉野家がなければ

吉野家のあの味を、ご家庭で。

冷凍で吉野家の牛丼が買えるので
そちらを利用した方が絶対コスパも味も良いでしょう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました