そうだ!カブでキャンプに行こう!その2 カブのオイルとバッテリーを交換しよう!休みだしな!

アウトドア

もらったカブのオイルとバッテリーを交換しました

せっかくの休みなので、お昼前に起床して、もらったカブのエンジンオイルとバッテリーの交換をすることにしました。

事前に購入したのが

カストロールのフラッシングオイル

YouTube動画などで評判が良かったので、購入してみました。

3リットルもあるので洗浄しまくれます。

カストロール エンジン内部洗浄油 フラッシングオイル 3L 4輪ガソリン/ディーゼル車両用 Castrol
●エンジンのコンディションを整えるエンジン内部洗浄剤 [NO.1]オイル交換時に使用することで、エンジン内部の汚れを取り除き、コンディションを整えます。 [NO.2] 非溶剤系のフラッシングオイルなので、エンジンを優しく洗浄します。

ホンダのG1オイル

「冬場に良い」とか「燃費が上がった」とか「加速が良くなった」とか悪いコメントが見当たらなかったので購入してみました。

私の場合は「安かったから」が一番の購入理由。

Honda(ホンダ) 2輪用エンジンオイル ウルトラ G1 SL 5W-30 4サイクル用 1L 08232-99971
HONDA ULTRA G1がリニューアルしました。 燃費などコストパフォーマンスを重視したい方にお勧めです。 ◆特徴 爽快な走り出しと低燃費、低温時特性を強化した高性能マルチタイプオイル。

台湾YUASAのバッテリー

譲り受けた時に前ユーザーさんが「台湾YUASAのバッテリーがええで!安いし」と言うことで購入。

Toplite 台湾ユアサ YTX4L-BS バイク用耐震 バッテリー AGM シールド型 液入り充電済み YT4L-BS高性能版 台湾YUASA 第2ブランド
海外メーカー車両の純正バッテリーとして採用されている、 台湾ユアサの第2ブランド " Toplite(トップライト)" 【YTX4L-BS】 電圧:12V 10HR容量:3Ah サイズ (約):横幅113mm / 奥行70mm / 高さ85...

で、近所のホームセンターで

ポイパック

オイルを吸収してくれるパックの4.5リットルを購入。

300円くらいで売っています。

使用後は可燃ごみとして捨てることができるそうです。

もし、ご家庭に捨てる布団などがあれば、自作できる代物です。

布団などなくても、古いタオルや洋服などをビニール袋に詰め込んで作る事もできますね。

【Amazon.co.jp限定】エーモン(amon) ポイパック 4.5L 3個パック (8814同等品×3) 廃油処理箱 車バイクのオイル交換に 可燃ゴミとして処理が可能 4992
【使用上の注意】 ■使用済みのポイパックは、地域のルールにしたがって処理してください。 ■天然由来の材料を使用しています。季節によって色等が異なる場合がありますが性能には問題ありません。 ■防腐剤は使用していませんので、開封後は1週間以内を...

1リットルのオイルジョウゴ

カブのエンジンオイルは600mlなので1リットルのモノを購入。

百均なんかで計量カップを購入しても大丈夫そうですが、せっかくなので購入。

こういうちょっとしたモノを買い集める事で自分でメンテしよう!という気分の上がるってもんです。

そのうち、エンジンとかも分解できる工具を買っていこうと思います。

デイトナ(Daytona) バイク用 プラオイルジョッキ 1L 96397
【用途】バイクや車のオイル交換時に重宝するジョッキ 【仕様1】容量1L 【仕様2】オイル注入しにくい車両でも対応できる様、ノズル有効長は180mmと長めの仕様です 【仕様3】ジョッキ目盛り:200ml単位

墨汁かよ!ってくらいの黒いの出た!

とりあえず、バイクを5分くらい走らせて、オイルが温まるようにします。

その後、火傷に気をつけてオイルキャップを開けます。

火傷は、オイルが手にかからないように気をつけるのもありますが、結構エンジンも回しているので、マフラーにも気をつけるようにしましょう。私は軍手の下にゴム手袋をつけて作業をしております。

すると、写真のような真っ黒なオイルがドロドロと出てきました!

いや〜もっと早く交換してあげたかったんですけどね、なんせ給料がさぁ・・・・。

で、オイルキャップなんですが、コレって・・・

プラグじゃね?と思って綺麗に拭いてみました。

やっぱりプラグでした。

ありがとうございました。

まぁ、閉めることができて、オイルが漏れなかったらなんでもいいです。

で、古いオイルも出尽くしたようなので、再びオイルキャップを閉めて、カストロールのフラッシングオイルを入れていきます。

フラッシングオイルでええんちゃうん?

オイルジョウゴにはメモリが刻んであるのでいいですね。

フラッシングオイルを600ml入れて10分ほどエンジンを回します。

ただ、回してるだけなのももったいないので、家の近所をグルグル回ってきました。

で、ここで感じたのが「エンジンのかかりが良くなった気がする!」「エンジン音が静かになった気がする!」「吹き上がりがええやん!」と言うこと。

いっその事、G1オイル入れんでも、このフラッシングオイルで充分じゃないか?

なんて思ってしまいました。

そんな感じで、フラッシングオイルを3回ほど入れたり出したり入れたり出したり入れたり出したりして完了。

透明感のあるフラッシングオイルになったので、コレくらいでOKだなとフラッシングは終了。

最後は、出来るだけきっちりフラッシングオイルを切るために、エンジンをかけて2〜3分放置です。

フラッシングオイルもほとんど垂れてこなくなったので、プラグという名のオイルキャップwwを閉めて完了です。

ホンダG1オイルに交換

次はホンダのG1オイルに交換です。

ジョウゴにオイルを入れると・・・お?おや〜?なんか黒いんだけど・・・?

バイクのエンジンオイルってこんな黒かったかな?

20年近くバイクを触っていないので、ちょっと記憶に自信がありません。

もしかしたらG1というオイルがこのような色なのかな?

とにかく、オイルを入れて完了!

試し乗りをしてみましたが、うん、やっぱり交換前と全然違う!

バイク好きの親父にも、オイル交換してみたカブに試し乗りをしてもらうと「お!全然違うな!加速とか音とか、良くなったやん!あと、走行にもなんか安定感が出たような気がするな!」と喜んでおります。

仕事には車を使っているので、私がいない時に親父が乗り回してそうなフラグが立ってしまいました。

バッテリーも交換しましょう!

今日はバッテリーの交換までしておきます。

3年近く放置されていたバッテリーでは、ウインカーもエンジンをふかさないと、きちんと点滅してくれませんし、ホーンも「誰か屁した?」みたいな音しかしません。

いや、息子の屁の音の方が力強い感あるな!

で、古いバッテリーを取り出して、新しいバッテリーと入れ替えます。

しかし、このバッテリーってやつは、なかなか・・入らん!

入れ方のコツがあるのか?もっと入れやすいように何とかならんのか?

と言うくらい入れるのに苦労しました・・。

とか何とかありましたが、バッテリーも無事に付け替える事ができ、今日の仕事はコレにて終了!

ウインカーもきっちり点滅するようになりましたし、ホーンもちゃんと鳴るようになりました。

エンジンもかかりやすくなりました。

ちょっとだけ、ワックスで拭いて綺麗にして完了!

オイルを変えて私もバイクも気分が良いと言ってるのでちょっと走ろう!

オイル交換とバッテリー交換をしたので、一応試しに乗りまわしておきます。

初めは近所を回っていたのですが、せっかくなので公園に行きましょう!と思い、家からちょっと離れた大きな公園へ向かいます。

行ってみたのは、尼崎にある上坂部西公園

公園ページ | 尼崎緑化公園協会
尼崎緑化公園協会が管理する公園をご案内します。

駐輪場にバイクを停めて記念にパシャリ!

いや〜カブっていいねぇ〜!なんて見惚れております。

公園も紅葉の落ち葉で綺麗に色付いておりました。

よ〜し!今度の休みの日、暖かかったら、もう少し遠出してみよう!

原因不明のエンスト

ところで、オイルとバッテリーを交換して試し乗りをしているときに、信号待ちをしていたら、謎のエンストが起こりました。

オイルとバッテリー交換前は、起こらなかった現象なので、ちょっと遠出は不安です。

まぁ、止まったところで車と違って、すぐに道路の端に行く事もできるし、言うほど問題とは思ってませんけどね。

走行中に止まることはなかったですしね!

とりあえず、エンストした以外、走りは快適になりました!カブキャンプに行く日も少しずつ近づいてきてる気がします!

知らんけど・・

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました